仕様表



    ブランクへの飽くなきこだわり
    「SVF COMPILE X」はこれまでで最高のブランクではあるが、山田は「飽くなき軽量化」を要求した。
    そこで新たな素材として、ナノアロイ技術を取り入れた「ナノプラス」テクノロジーの採用を検討した。
    従来より接着剤(レジン)をナノ化・高分散化させることで、更に軽く、強いブランクとなる。
    しかしナノプラス化により、より筋肉質になった「SVF COMPILE X ナノプラス」に
    山田テスターが突きつけた応えはNO。
    山田は感度と軽量化だけでなくエギを滑らかにシャクルための「しなやかさ」を重視している。
    つまり、軽量・高感度・しなやかさが高次元で融合するブランクが山田の目指すところ。
    「感度と軽さだけを求めたら『SVF COMPILE X ナノプラス』はいい素材。
    恐らくこの素材を求める人もいるでしょう。
    でも、それは僕のスタイルじゃない。
    僕にはブランクのしなやかさもマストなんです。」
    そこで新たなブランクを採用したテストロッドを作成して使用してもらったところ
    「明らかにEXよりしなやかになってるやん!、
    それでいて軽量で感度も高い、メチャ良くなったなぁ!このブランクで行こう!」
    とファーストインプレッションは上々の反応。
    幾多のフィールドテストから導き出されたのが「SVFナノプラス」である。
    「感度」と「軽量性」、そして「しなやかさ」を兼ね備えた山田テスター好みのブランクが実現したが、
    それでもまだ何かモノ足りないようだ。
    「エメラルダス EX」シリーズを使い込んできた山田だけに、
    シグニーチャーシリーズとなる「STOIST」にはその違いが誰にでも感じられるだけの進化を求めていた。

    【付属品】
    ●竿袋

    【仕様詳細】
    ■絡み防止形状・高強度Rフレームに新開発の軽量リング(Cリング・Nリング)を搭載し、更なる軽量化・高感度を実現した新型『AGS』。
    ■軽量・人間工学に基づいた掌に吸いつくようなフィット感で快適なエギングをサポートするエアセンサーリールシート。
    ■“STOIST”のイメージを具現化した硬派で渋めのデザイン。
    ■グリップエンドにはダイワロゴマーク入り。

    【DAIWA TECHNOLOGY】
    ■感性領域設計システム「ESS=Expert Sense Simulation」
    ロッドは曲がると、その方向と反対側に起きあがろうとするエネルギー(復元力)が発生する。
    これは、変形した(ひずんだ)ブランクが元に戻ろうとする「ひずみエネルギー」であり、竿の性能を左右する極めて重要なファクターである。
    「ESS」はこの目に見えない「ひずみエネルギー」を解析・設計するダイワ独自のシステム。
    「どこが優れているか」「どこが足りないか」を数値で明確に把握するだけでなく、エキスパートの感性と呼ばれる領域まで解析・数値化し、ロッドに反映する事を可能にした。
    ■SVFナノプラス
    ロッド性能を最も左右するカーボンシートにおいて、レジン(樹脂)量を減らしてカーボン繊維を密入することにより
    軽量化・パワーアップ・細身化を実現した超高密度SVFカーボンがナノプラスでさらに高性能化。
    ■AGS(エアガイドシステム)
    フレーム素材に軽量かつ高剛性のカーボンを採用し、大幅な軽量化を達成した画期的なガイドシステム。
    他のルアーロッドと比較しても圧倒的にジャークする(シャクる)機会の多いエギングロッドだからこそ、シャープな振り心地をAGSが威力を発揮する。
    ■SMT(スーパーメタルトップ) ※76M-SMTT、76MMH-SMTTに採用
    超弾性チタン合金穂先スーパーメタルチューブラートップは、圧倒的な手感度の向上で、海中からの様々な情報をしっかりアングラーに伝達。
    ■X45
    竿は操作時・やり取り時など一連の動きの中で目に見えない「ネジレ」が発生し、操作性やパワーの低下などを引き起こす。
    こうしたネジレ防止の最適角度である±45°のバイアスクロスを巻きつけることでネジレを徹底的に防ぎ、操作性・パワー・安定性を向上させ、ロッドの性能を飛躍的にアップさせるダイワ独自のテクノロジー。
    ■メガトップ ※88LM-S、90ULL-Sに採用
    カーボン繊維と樹脂が均一に分散しているカーボンソリッド。
    一般的なカーボンソリッドよりも強度と感度に優れ、理想的な曲がりを実現した次世代穂先。
    ■V-ジョイント
    ロッドの継部にバイアス構造のカーボンシートを採用することで、あたかもワンピースロッドのような歪みの少ない美しい曲がりを実現。
    未搭載のものに比べてパワー・張り・曲がりからの戻りの早さが大幅にアップし、理想的な粘強調子を生み出している。
    繊細さと強引さの絶妙なバランスで大物も余裕を持ってあしらえる。

    ◎アイテム別特徴
    【76M-SMTT】
    狭い場所でのキャストや小場所でも取り回しの良いショートレングスモデル。
    3.5~4号クラスのエギをしっかりとジャークさせることが可能なトルクフルなブランク、長時間に亘るジャークにおいても疲労しにくい軽量バランス設計。
    そしてティップ部にはディープエリアからのわずかなアタリでもしっかりアングラーに伝達することが可能な超高感度「SMTチューブラー」をエギングロッドとして初めて採用。
    SMTソリッドと比べ素直なテーパーに仕上げているため、操作性と高感度の両立を実現。

    【76MMH-SMTT】
    大型エギでモンスターを狙う為のスペックを研ぎ澄ませたモデル。
    大型エギをフルキャストし、エギを抱いたモンスターにもしっかりフッキングさせることが出来るMHの強靭なバットパワー。
    そしてティップはあえてしなやかさを残すためにMに設定し、トップ部には『SMT』(スーパーメタルトップ)装着することで大幅に感度と操作性を向上させた。
    従来のただ張りの強い、硬いロッドとは一線を画すこのモデルはエギをしっかり沈める、しっかり流して繊細なアタリを捉えるといった、待ちの釣りに徹することが可能なモンスター対応モデル。

    【84M】
    何本もロッドを持ち歩くことができないショアのエギングにおいて、周年を通し1本であらゆる状況にも対応を可能にしたスーパーオールラウンダーモデル。
    驚くほどの軽快感とキャスタビリティ、そして最もこだわった感度を備え、キャスト・シャクリ・フォール・乗せまでのすべての基本動作において卓越した性能を発揮する。

    【88LM-S】
    山田ヒロヒト提唱の「バックドリフト」対応モデル。
    エギを潮に流し込んでいくこの釣法にはティップの感度としなやかさが不可欠。
    新型AGSと極細のメガトップの組み合わせによる繊細なティップは、わずかな潮の変化でもその状況を手元に伝える程の高感度を誇る。
    またバット部は遠くで掛けた大型イカでもしっかり寄せられるようMパワーに設定。
    強い流れの中からでも安心してリフトが可能なバックドリフト釣法において卓越した性能を発揮する。

    【90ULL-S】
    秋シーズンにおける2.5~3号中心のエギングに最適セッティング。
    超軽量、超しなやかなブランクからは想像も出来ない飛距離に加え、繊細なソリッドティップは潮流の変化、海中でのエギの動き、コロッケサイズのイカパンチをもしっかり捕らえてアングラーに伝達する。
    その圧倒的な情報量はブラインド要素の強いエギングを今よりも確実にクリアな世界に導いてくれるだろう。

    【108MLM】
    10.8ftで130g台までシェイプアップさせた超軽量ロングロッド。
    その圧倒的な飛距離は竿抜けポイントの狙い撃ちや、沖の潮目などを真っ先に探ることが可能。
    また強風下での磯場、足場の高い堤防でも、その長さを生かし水面近くまでティップを下げ安定した状態でエギをフォールさせることも大きなメリットである。
    ロングロッドならではのアドバンテージを最新テクノロジーによりショートロッド感覚で味わえる、他に類を見ないスペシャルロングモデル。

    ■新型『AGS』の誕生
    この足りない部分を補う要素は何か?ブランクの進化に飽き当たらず、山田は「AGS」に着目した。
    ダイワ独自の「AGS」はもはやこれ以上無いというくらい軽量化が進んでいるガイドシステムである。
    それをあえて、山田は次なる進化のターゲットに指名した。
    より軽く、より小さく。山田の要求は一切の妥協を与えなかった。
    素材選定・形状検討のトライ&エラーの中から生まれた「Rフレーム」に「Cリング、Nリング」。
    これが「エメラルダス STOIST」に搭載される新型「AGS」なのである。
    現状の「AGS」よりも軽量化といってもそもそも「超軽量」の領域まで達している「AGS」。
    数字だけで見ると全ガイドの重量でわずか数グラム、重量比で約15%軽量化を図れた程度である。
    実際ロッドに装着することでどのような差となって現れるのだろうか?
    もちろん基本性能が向上することは確信していたが、どこまで大きな変化があるかについては不安はあった。
    しかしその不安は感動へと変わることとなった。

    ●インプレッション
    新しい『AGS』を搭載したロッドの違いがわかるか?
    という不安とイタズラ心半分で山田に何も言わず渡した。
    その第一声は
    「これは凄い!なんか今までのテストモデルと全然違うぞ!」
    そこで初めてガイドのことについて説明すると「ブランクがSVFナノプラス変わっただけでも良くなったのに、ガイドがわずか数グラム軽くなるだけでこんなに違うんかっ?」と驚いた。
    「特にこの90ULL-Sのように柔らかいティップのロッドは一層効果がある。
    こんな柔らかいロッドでこんなに飛距離を出せるなんてホンマに不思議なロッドや。
    それだけキャスト後のブレ収束が早いんやろうな。
    感度も抜群にいいし、見たもめ小さくなって良くなった、これはマジでヤバイ!」とその進化に驚きを超え、感動した様子だ。

    <新型『AGS』のメリット>
    【より軽く(従来比約15%)】
    振り抜きスピードアップ、早いブレ収束による飛距離アップ。
    軽さがもたらすさらなる高感度。
    【より強く(従来比約10%)】
    信頼性が向上。
    【よりスマートなルックス】
    R形状で糸絡み軽減。見た目もスリムで薄肉化されている。
    ここまでこだわりが詰まった次世代エギングロッド「エメラルダス STOIST」。
    一つ一つの困難に真正面からぶつかり、それらを解決することによって、山田ヒロヒトが理想とするエギングロッドの世界をダイワが切り開いた。

    ・標準全長ft(m):2.29
    ・継数(本):2
    ・仕舞寸法(cm):118
    ・自重(g):105
    ・先内径(mm):-
    ・先径(mm):0.9(0.8)
    ・元径(mm):10.4
    ・適合ラインPE(号):0.5-1.2
    ・エギサイズ(号):3.0-4.5
    ・カーボン含有率(%):99
    ※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
    スポンサードリンク
Pick Upされた人気記事
最新記事

ダイワ(Daiwa) ロッド エギング 76MMH-SMT AGS STOIST エメラルダス-ロッド・竿

  • 2016-08-26 10:14:00

ダイワ(Daiwa) ロッド エギング 76MMH-SMT AGS STOIST エメラルダス-ロッド・竿

  • 2016-08-25 23:14:00

ダイワ(Daiwa) ロッド エギング 76MMH-SMT AGS STOIST エメラルダス-ロッド・竿

ダイワ(Daiwa) ロッド エギング 76MMH-SMT AGS STOIST エメラルダス-ロッド・竿

ダイワ(Daiwa) ロッド エギング 76MMH-SMT AGS STOIST エメラルダス-ロッド・竿

  • 2016-08-25 16:14:00

ダイワ(Daiwa) ロッド エギング 76MMH-SMT AGS STOIST エメラルダス-ロッド・竿

1 2 3 539 次へ »